グンバイナズナ

アブラナ科 グンバイナズナ属



田や畑の脇、草地などに生える多年草で、高さは30〜60センチ。全体にやや粉白を帯びる。根生葉は広いへら形で花期には枯れ、上部の茎葉は細く、基部は茎を抱く。
花は白色で、直径4〜5ミリ。花期は4〜5月。日本全土に分布する。



〜徒然想〜

グンバイナズナは種(刮ハ)の形が平たく、軍配のような形をしていることからその名があります。
目の前に田植えを終えたばかりの田やこれからの田が広がる道端に生えていました。農家の方が忙しく働いている傍らで、のんびりカメラを固定するのは、やや気がひけます。
軍配が風を受けよく揺れます。風止まりを待つのがもどかしく、ちょっと、エイ、ヤー的な撮影になってしまいました。

−同じ科の植物−

2009.5.23 長野県
2009.5.23 長野県 2009.5.23 長野県