ハナヤエムグラ

アカネ科 ハナヤエムグラ属



ヨーロッパ原産で、関東、東海地方などに見られている越年草。茎は基部から分枝して、先は直立し高さは60センチほどになる。葉は線形で、長さ2センチほど、4〜6枚輪生する。
枝の先に、筒状で先が4裂した淡紅色の花を付ける。花期は4〜6月。



〜徒然想〜

師匠のお誘いで北関東を行脚した。
全走行距離350キロ余り。イトハコベやジョウロウスゲなどを観察したが、クゲヌマランギンランはほぼ終わり、オオチゴユリもすっかり実になっていた。
師匠としては思惑が外れ、私が不満足な思いでいると考えてくれたためでしょう、お土産に地元のハナヤエムグラとシロバナマンテマを紹介してくれた。
いずれも帰化種とは思えない、可憐な花でした。

追伸:師匠!私は十二分に満足な行脚でした。

2007.5.13 東京都北区
2007.5.13 東京都北区
2007.5.13 東京都北区