ハイオトギリ

オトギリソウ科 オトギリソウ属



北海道の亜高山帯〜高山帯の草地などに生える多年草で、高さは30センチほどになる。葉は対生し、卵形〜楕円形で、先は丸く、基部は茎を抱く。
花弁には黒点と黒い線がある。花期は7〜8月。北海道に分布する。



〜徒然想〜

葉の縁に黒点がないのでシナノオトギリではなく、葉の全体に黒点がまばらに見られるものの明点がないのでイワオトギリでもなく、さてさて何でしょうか。
葉が幅広なことや撮影地から候補としてハイオトギリの名が残り、その特徴を精査してみます。花弁に黒い線や黒点があるということなので、画像で確認します。
ありました。ハイオトギリの可能性が高くなりました。

大雪を再び訪れます。今度は強い味方が2人も同行しています。ハイオトギリということで意見が一致しました。


−同じ科の植物−

2007.7.11 北海道大雪(画像にポインターをおいて下さい)
2007.7.11 北海道大雪 2009.8.17 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery