フジハタザオ

アブラナ科 ヤマハタザオ属

富士山の砂礫地に生える多年草で、高さ35センチほどになる。ときに枝を分け、根生葉は広倒披針形、先は鈍形、縁に粗い鋸歯がある。茎葉はやじり状で、基部は茎を抱く。
白色の4弁花を総状に付ける。
形態的、生態的に変化が多く、本州中北部の深山にはイワハタザオ、その高山型のウメハタザオ、北海道や本州北部にはエゾノイワハタザオなどがある。



〜徒然想〜

ほんとに久しぶりに富士山を訪ねる。当時は植物に興味を持っていなかったので、見知らぬ道を走るように新鮮〜何度も車を止め、撮影することになった。
視界が開けた山側の崖には白いフジハタザオが点々と見られた。まだ朝露に濡れ、頭を垂れている。
この日は快晴。雪の残る富士を仰ぎみて、その壮大な姿に、こちらも頭を垂れる。
2007.8.15 富士山
2007.6.23 富士山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery