イヌトウバナ

シソ科 トウバナ属



似たミヤマトウバナとの区別が難しい。
茎や萼の毛の有無、葉裏の腺点が目安になるが、当初は意識なく撮っていたので、あとから写真だけでは区別できなくてボツになったものが多い。
無知がボツを生み、申し訳ない想いです。

山地の木陰に生える多年草で、高さ20〜50センチ。葉は対生で、5〜20ミリの葉柄があり卵形又は狭卵形、鋸歯がある。葉裏には明らかな腺点がある。
花冠は6ミリほどで淡紫色を帯び、唇形。中央裂片が大きい。
萼は緑色で、4ミリほど、開出する長い毛が多い。

2006.9.9 山梨県北岳(画像にポインターをおいて下さい)
2005.10.2 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
2006.9.23 東京都裏高尾 2006.8.27 東京都高尾山(画像にポインターをおいて下さい)