イブキタイゲキ

トウダイグサ科 トウダイグサ属



山地の草地に生える多年草で、高さは30〜50センチ。タカトウダイの変種で、母種より小型で茎が束生する特徴がある。
花期は6〜7月。伊吹山固有種。



〜徒然想〜

コバノミミナグサについてはある程度撮っておいたので幸いでしたが、この植物にはすっかり油断してしまいました。タカトウダイと思いこんでいたのです。
それでも2枚だけ撮っていたので、反省の意味で収載することにしました。

遠方の地には、似ていても変種扱いになっている植物がしばしばみられます。事前に調査していくのですが、どうしても洩れます。
いつの日かルリトラノオやイブキフウロなどを撮りに伊吹山を再訪します。そのときに残っていて欲しいですね。

−同じ科の植物−

2009.6.13 伊吹山
2009.6.13 伊吹山