エゾノコウボウムギ

カヤツリグサ科 スゲ属




海岸の砂地に生える多年草で、高さ10〜20センチ。コウボウムギに似るが、果序は栗のイガ状、茎が鋭い3稜形でざらつく。
西南部を除く北海道に分布する。



〜徒然想〜

唖然としたハマハコベの群生地の脇に生えていました。新潟の浜で見たコウボウムギと同じで、面白い姿の植物です。フデクサの別名を持っているとの記憶が、すぐに浮かんできます。
新潟と同様に、ここでも周りはゴミが多く残念です。

そういえば、石川県能登の砂浜では、青い海と空、打ち寄せる白い波を背景に、コウボウムギがきれいに生えていました。


-同じ科の植物-

2008.5.25 北海道
   2008.5.25 北海道  
     
   2015.7.2 北海道  
2015.7.2 北海道     2015.7.2 北海道