アカネスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類


この花の特徴:地上茎なし。全体に細かい毛が多い。花は中形で、径2センチほど。ふつう鮮やかな青紫色から赤紫色、変化がある。側弁基部は有毛。基部が閉じ気味で開く。距は細長く、先細になる。
葉は明るめの緑色、さじ形〜長三角形。側弁基部以外無毛のものはオカスミレ、白花品はコボトケスミレと呼ばれている。



〜徒然想〜

私が勝手にすみれ街道と呼んでいる裏高尾の林道で出逢った“すみれ”は、写真で見る限り毛があるように見えアカネスミレとしていた。しかし、三ツ峠で出逢ったアカネスミレの毛はもっと明確でした。葉や花柄がびっしりと毛で覆われます。
“すみれ”の同定に苦慮するコメントがネットに流れているが、同じ悩みを持つ者としては、やはり多くの典型品を見ることが大切とアドバイスしたい。花の様子、距の形と色、毛の生え具合など、典型品を記憶しておけば、ちょっと変わった“すみれ”は、○○系として納得できるのではないでしょうか。

2007.4..15 山梨県三ツ峠
2007.4..15 山梨県三ツ峠(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery