ヒメシオン

キク科 シオン属

 
2019.10.5 栃木県   2019.10.5 栃木県


湿原や湿り気のある草地、田などに生える多年草で、高さは30〜100センチ。茎は直立し、上部で分枝、短い毛が密生する。葉は線状披針形〜披針形で、縁にはまばらに鋸歯があり、表面は緑色、裏面は緑白色。上部の葉は線形〜線状披針形。
頭花は密な散房状に付き、白色で直径8ミリほど。総苞は筒状で、総苞片は4列、煉瓦状。花期は8〜10月。本州〜九州に分布する。

〜徒然想〜

10月ともなると草原は草紅葉が見られるなど、秋の様相を見せ始めます。そんな中でもこの時期ならではの植物を観察することができます。
その気になって探すと、ミソハギの仲間、タデ科、カヤツリグサ科など、普段はあまり気にしない植物も目に入るようになりました。その分、同定には苦労します。
秋の花の一つヒメシオンは分かりやすい植物で、小さな白い花を沢山付けます。背丈もありますので、よく目立ちます。ゴマナに似ていますが、全体に細く繊細です。
ややドライフラワー状態で、くすんだ白色の花を付けていました。

−同じ科の植物−

2019.10.5 栃木県     2019.10.5 栃木県