シロバナホテイラン

ラン科 ホテイラン属


〜徒然想〜

やったー! 白花だ! ようやく、ようやく巡り会えたホテイランの白花品です。
過去に悔しい想いをした花でもあります。みつけたがまだ蕾で、次週楽しみに再訪したところ、盗掘されていたのです。あのときは本当に悔しく、咲いていた場所のくぼみを手で叩いたものです。

あれから8年ほど経ち、久しぶりに八ヶ岳のホテイランを見たくなりました。つい先だって青森県でヒメホテイランを見て恋しくなったのです。大好きな花だからです。白花品に出逢う、淡い期待もありました。

白いホテイランは、赤いホテイランと並んで咲いていました。幸運なロケーションです。今までのうっぷんが、一気に晴らせた想いでした。
でも、ちょっと思っていたことと違うところがありました。白花品は、すべてが純白と思っていたのです。しかし、唇弁の袋部には淡褐色の筋が残っています。白花品といえるのか、撮影しながら疑問が湧いてきました。疑問のまま、山を下ります。
・・・・・結果、このような白花品もシロバナホテイランと呼ばれているようです。

−同じ科の植物−
2014.5.31 長野県
2014.5.31 長野県 2014.5.31 長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery