ミツバフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属



山地の草地などに生える多年草で、高さは30〜80センチ。茎はよく分枝し、上部には下向きの屈毛及び圧毛がある。葉は3深裂し、裂片には大きな数個の鋸歯がある。
花は淡紅紫色で、直径1〜1.5センチ。花柄には下向きの屈毛と圧毛が密生する。花期は7〜10月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

アップ済みのコフウロとの違いが分からなくなり、調べ直してみました。
両者は茎や花柄の毛の生え具合は同様で、葉の切れ込み具合に違いがあることを再確認しました。
ゲンノショウコともよく似ていますが、こちらは茎や花柄のの開出毛や腺毛がよく目立ち、区別は比較的容易です(コフウロの項参照)。

画像は広島県の車止めの脇で撮ったものですが、花はまだ開き切らず、葉も中途半端な3深裂でした。機会があったら撮り直しです。


−同じ科の植物−

2010.9.18 広島県
 2010.9.18 広島県    2010.9.18 広島県(画像にポインターをおいてください)