カイジンドウ

シソ科 キランソウ属



明るい草原、落葉樹林下などに生える多年草で、高さは20〜40センチ。全体に細かい毛が多い。葉は対生し、卵形〜広卵形、縁にはまばらに粗い鋸歯がある。
花は茎の上部に集まって付き、唇形花で淡紅色〜紅紫色、長さ1センチほど。花期は5〜6月。北海道、本州、九州に分布する。



〜徒然想〜

ジュウニヒトエヒイラギソウオウギカズラなどは見る機会が多いものの、これらとよく似たカイジンドウは比較的見ることが難しい花です。
機会を得て、広大な草地を探します。
カイジンドウは草に隠れて咲いていました。あちらにもこちらにも見えるのですが、少し離れるとこんな色鮮やかな花があるとは気付きません。立ち上がり、改めてずっと草地が続く景色を眺めます。
さあ、撮影タイムです。ようやく出逢えた花に興奮気味です。
なお、ピンク色の花もあると聞いていたので探しましたが、みつかりませんでした。

−同じ科の植物−
2014.6.1 山梨県
 2014.6.16 山梨県    2014.6.1 山梨県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery