エゾノコギリソウ

キク科 ノコギリソウ属



海岸近くの草原や山地原野などに生える多年草で、高さは30〜80センチ。葉は長楕円形で、羽状に裂けず細かい鋸歯縁がある。基部に葉片はない。
花は散房状に付き、白色で直径2センチほど。舌状花は2列に並び、12〜19枚ある。花期は7〜9月。北海道〜本州中部地方以北に分布する。



〜徒然想〜

海を見下ろす高台草原に咲いていました。
全体の様子はノコギリソウですが、葉が明らかに異なります。下調べしてきたエゾノコギリソウでしょう。

ノコギリソウの仲間は皆似ていますが、この花は葉が羽状に裂けず、ホソバノキリンソウのような鋸歯があるだけです。見分けは比較的容易と思えるのですが、普通のノコギリソウの中にも葉の裂け方が浅いものがあり、同定に迷います。

−同じ科の植物−

2012.7.28 北海道(画像にポインターをおいてください)
2012.7.28 北海道 2012.7.28 北海道