ホソバノキリンソウ

ベンケイソウ科 マンネングサ属


キリンソウをアップするつもりで図鑑をみて、ホソバノキリンソウがあることを知る。
さて、違いは・・・! 一番の違いは葉の鋸歯にあるようです。キリンソウは葉の上半分に鋸歯があるのに対し、ホソバノキリンソウは葉の基部近く3分の2まで鋸歯がある。
八ヶ岳でキリンソウと思って撮った花は、ほとんどがホソバノキリンソウでした。一部キリンソウと思われる写真がありましたが、明確ではありませんし、開花もしていません。明確なキリンソウに出逢ったらアップすることにします。


山地の草原や林内に生える多年草で、高さ20〜50センチ。葉は互生し、長さ3〜6センチの披針形〜倒卵状披針形、鋸歯が基部近くまである。花は密に付き、花弁は5個、雄しべは短い。

2006.7.22 長野県八ヶ岳
2006.7.22 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery