アソヒカゲスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類



九州阿蘇でみつかり、その後広島県でもみつかった希少なすみれ。葉がひょうたん型に変形する。
ヒカゲスミレとタカオスミレの関係と同じように、葉がこげ茶色になることがある。


〜徒然想〜

広島県では、唯一アソヒカゲスミレが見られる場所に案内して頂きました。但し、案内人も花を付けているところを見たことがなく、来る度にいつも残念な想いでいるようです。
今は9月、ヒカゲスミレと同じように葉はすっかり大きくなっていますが、確かに図鑑で見覚えがある葉です。面白い葉の形に、思わず見入ってしまいます。
ネット情報によれば、花はヒカゲスミレタカオスミレに似ています。

先行者が一組いました。ちょうど離れるところで、我々が生えている場所に留まると、遠くから訝しげに振り返ります。
大事にしておきたい自生地です。


−同じ科の植物−

2010.9.18 広島県
2010.9.18 広島県