ヒカゲスミレ

スミレ科 ミヤマスミレ類

2006.4.23 東京都裏高尾


落葉樹林下などの湿った半日陰に生え、花柄は毛が多く、背丈5〜12センチ。葉は長い卵形〜長三角形で、先は尖り、基部は心形、葉質は柔らかく、毛が多く、ふつう緑色。
花は直径2センチほどで、唇弁には紅紫色の細かい条が目立つ。側弁の基部はふつう有毛(無毛のものもある)。


〜徒然想〜

ニリンソウの葉に埋もれるように咲いていた。葉は柔らかそうで、やや波をうっている。茶色の葉をもつタカオスミレを見てきたあとなので、より一層若い緑が新鮮に見えました。
気が付けは、周りにもぽつぽつと姿が見える。やはり他の草花に紛れて咲いていました。
花はタカオスミレとそっくりで、母種だということに納得できます。そして、そこは木々が繁る中、日陰を好むといわれるのも納得できます。

同じ場所でニリンソウの緑花に出逢いました。

高尾での出逢いは多く、葉が全く緑のものからほんのわずかに茶色に色付いているもの、そして焦げ茶色に変化したものなど様々なものがあります。どの段階でタカオスミレと呼ばれるようになるのか、疑問は残したままです。

−同じ科の植物−
 
2007.4.1 東京都裏高尾 2007.4.1 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery