ウイキョウ セリ科
フェンネルと呼ばれ地中海沿岸が原産で、古くから薬草として利用されてきた。果実を乾燥させたものは、生薬で茴香(ういきょう)という。芳香性の健胃剤、胃腸疾患に用いられる。
安中散(あんちゅうさん)は著名な漢方で、胃痛や胸焼け、特に神経過敏に起因する胸焼けやこれに伴う胃痛、悪心などの症状に繁用する。これに茴香が処方されている。
亜高山〜高山帯にはミヤマウイキョウが咲くが、こちらには薬効も香りもない。
2005.5.1 東京都薬用植物園
2005.5.1 東京都薬用植物園