タカネツメクサ

ナデシコ科

7月半ば〜8月半ば、八ヶ岳では一番勢力を張っている花ではないだろうか。尾根道ではいたるところで白い花を咲かせている。その中で一輪、タカネニガナが自己主張をしていた。似た花にミヤマツメクサがあることをあとで知る。
亜高山〜高山帯の岩場や砂礫地に生える多年草。高さ2〜6センチ。茎は根際からよく分枝してマット状に広く広がる。葉は線形で幅1ミリ以下、1脈がある。花は萼の1.5〜2倍の長さをもち、それぞれ5つ。白色で直径1センチほど、基部は柄状にまとまる。
2005.8.8 長野県八ヶ岳

2004.7.24 長野県八ヶ岳

2005.8.8 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery