タカネグンナイフウロ

フウロソウ科 フウロソウ属



朝露が陽射しを受け、紫をより鮮やかにして輝いていました。技術があれば、もっとその時の情景を残せたのにと、今にして思います。それほど美しい瞬間でした。

グンナイフウロの高山型で、咲く地域と花の色が明らかに濃いので、両者を見分けることはできるでしょう。
花は5弁、大きく後ろに反り返り雌しべ雄しべを前に突き出します。やがて花弁が落ちると鑓のような花柱を残します。この姿も独特な風情です。秋口には紅くなります。



−同じ科の植物−

2006.7.22 長野県八ヶ岳
2004.7.10 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery