シキミ

シキミ科 シキミ属

2005.4.2 東京都薬用植物園



本州東北地方南部〜沖縄の山地に生える常緑小高木で、高さは2〜5メートルになる。葉は互生し、長楕円形、傷つけると抹香の香りがする。
花は黄白色。


〜徒然想〜

植物園でこの木の花を知りましたが、その後、春の山で出逢うことが多くなりました。
果実が猛毒のことから「悪しき実」から転訛してシキミの名になったといいます。果実だけではなく、葉や樹皮も有毒成分を含んでいるようで、割と美しい花の姿からは想像もできません。
同じ頃、アセビもきれいな花を咲かせます。こちらも有毒です。
“きれいな花には毒がある!” 人への警鐘と思いたくもありません。


2007.4.28 静岡県天城山(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery