ミヤマキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属



高山帯の草地などに生える多年草で、高さは20〜50センチ。全体にあらい毛があり、葉は深く裂ける。
花は黄色で直径2センチほど、表面に光沢がある。花期は7〜8月。本州中北部〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

田中澄江「花の百名山」の蝶ヶ岳ではミヤマキンポウゲを中心に紹介しています。先年BSで再放送されましたが、音楽と風に揺れるミヤマキンポウゲの映像がマッチし、実にいい構成になっています。
蝶ヶ岳ヒュッテオーナーのNさんの細めた目の優しさとミヤマキンポウゲの優しさが重なって、この花の私のイメージとなってずっと続いています。
そんな想いが続き、イメージどおりの写真を撮りたいと思っていますが、これがなかなかです。
低地に生えるウマノアシガタ(キンポウゲ)との違いは、根生葉が大きく切れ込むこと、生育地の違い、茎の毛が上向きに生えることでしょうか。


-同じ科の植物-

2004.6.26 栂池自然園
   2005.7.22 栂池自然園  
 2010.7.8 山形県   2007.7.9 北海道大雪 
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery