クリンユキフデ

タデ科

山地の林や道脇に生える多年草で、珍しい花ではない。今年初めての出逢いはまだ小さく、高さ10センチにも満たないが、既に花が咲き始めていた。花茎はまだ無いか短い。
翌週は、既に高さ20センチほどにもなっており、花茎を伸ばし、花穂も2センチほどになっていた。
高さ15〜35センチで、穂状花序をつける。花序は成長とともに長く伸び、3センチほどにもなる。葉腋(葉のつけ根)にも花をつける。花弁(萼)は5裂し、8本の雄しべを花弁より長く突き出す
2006.5.27 長野県八ヶ岳
2006.6.3 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery