コバノコゴメグサ

ゴマノハグサ科 コゴメグサ属

高山の乾いた尾根に咲いていた小さな花。歩いていると気がつかないこともあるかと思うが、ちょっと視線を下げると、如何にこの花が多いかが分かる。他の花を撮ろうとしても、この花が壁紙状態で入ってくる。
それにしてもかわいい花だ。黄色い模様が可愛さを引き立てる。
高原には、葉に鋭い鋸歯があって立ち上がるタチコゴメクサがある。

高山帯の乾いた草地に生える1年草で、高さ3〜10センチ。全体に腺毛があり、花冠は白色で紫色の条があり、中央に黄斑がある。長さ8〜11ミリ。葉は長さ6〜13ミリで、縁はまるく、浅く切れ込む。萼裂片の先はまるい。

2004.7.24 長野県八ヶ岳
2005.8.8 長野県八ヶ岳
2006.8.11 山梨県北岳(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery