キバナノヤマオダマキ キンポウゲ科
花の背に飛び出た角は「距(きょ)」と呼び、密が入っています。スミレの仲間にも、この距が異様に長い方がいます。こんな奥に密を持っていたら、それを味わえるのは長い口を持つ蝶か、小さい体の虫たちでしょうね。

これから高山に向けて登ろうとする登山口でよく見かける〜まるで見送ってくれるように。”行ってらっしゃい!” そして、帰りには”お帰りなさい!”と、風に揺れている。
2004.7.24 長野県八ヶ岳
2003.8.13 北八ヶ岳縞枯山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery