ツメレンゲ

ベンケイソウ科 ツメレンゲ属


暖地の日当たりのいい岩上や屋根上に生える多年草で、高さ6〜15センチ。葉は多肉質でロゼット状につき、披針形で先端は針状に尖る。色は帯緑白色で赤みを帯びることも多い。
花はロゼットの中心から円錐状の花茎をのばし、直径1センチほどの白色の花を密に付ける。葯は暗紅色。



〜徒然想〜

全く不意の出逢いでした。キクを探しに河原に下りたとき、土手の傾斜地に生えていた。
図鑑でこの特有な姿の植物を知りながらも、どこを探せば出逢えるのか想像もしていなかったので、出逢いに感動、夢中で写真を撮りました。
ちょっと離れた場所では、土手の斜面を覆うばかりに群生し、またまた感動です。
多分、山から川に流されて日当たりのいいこの地に居着いたのだろう。
この仲間としては、イワレンゲとゲンカイイワレンゲを知っている。こちらもそう簡単に出逢えるとは思っていない。いつの日か、というところです。
2007.10.14 長野県(画像にポインターをおいて下さい)
2007.10.14 長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery