シシウド

セリ科 シシウド属

2006.7.15 長野県車山 2006.7.15 長野県車山


通い慣れた信州の高原ではよく出逢う。しかし、アップするにあたって、意外と写真が少ないのに気づいた。晴れわたる広々とした草原でデンと居座った姿に、ちょっと身を引き、あまり美しさを感じていないからかもしれない。
図鑑で調べると、花茎をつけるまで4〜5年かかり、花が咲き実をつけると枯死してしまうことを知った。あの堂々とした姿にそんなはかない運命があるとは・・・・・・。次はしっかりと三脚を固定し、花の一つ一つを撮ることにしよう。

写真のストックの中に花火のように広がった花を見つけた。しばらく名が分からなかったが、これもシシウドと知る。花の終盤には花柄が伸び、このような美しい姿をとるようです。この後実をつけ一生を終える。はかない花火です。

山地に生える多年草で、高さ2メートルにもなる。茎は太く中空で、葉柄の基部は鞘になって茎を抱く。葉柄は膨らんで袋状となる。葉は2〜3回3出羽状複葉で、小葉は長楕円形で鈍い鋸歯がある。
上部で分枝した茎の先に、大きな複合散形花序に白色の5弁花を多数つける。総苞片も小総苞片もない。
高山型にミヤマシシウドが知られている。

シシウドやその近縁植物の根や根茎を乾燥したものは生薬で、独活(どっかつ)という。鎮痛、鎮静、催眠、抗炎症、血管拡張作用などが知られ、筋肉や関節の痛み、背、腰、膝のだるい痛み、頭痛、歯痛などに用いられる。
風呂に入れてゆっくり浸るとリューマチ、神経痛などに効果があるという。

2006.7.15 長野県車山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery