シマキツネノボタン

キンポウゲ科 キンポウゲ属

2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)


南方の植物は、本州にある植物であっても、その環境のため独特の進化をするものがよくある。見たことある花であっても必ず撮っておくようにという師匠Kさんの教えを守り、目の前のキツネノボタンに見入る。背中越しにシマキツネノボタンですと教えられたが、花も実も姿は同じようにみえ、違いは分かりませんでした。
調べると、花と葉が対生につくことと、茎や花柄に荒い毛がある違いがあるようです。キツネノボタンはほとんど無毛で、花と葉が対生につかない。ヤマキツネノボタンには斜上毛がある。

溝の縁や林縁に生える多年草で、高さ25〜60センチ。葉柄や全体に荒い開出毛がある。葉は1回3出複葉、小葉はさらに3中〜深裂する。根出葉は長柄があるが、上部の葉は葉柄が短く、小葉は無柄となる。
花は黄色で上部の茎葉に対生してつき、花序を作らない。花後、茎がのびない特徴もある。
本州中国地方以南に分布する。

2007.3.17 沖縄県(本島) 2007.3.17 沖縄県(本島)
  
青い花はルリハコベ 2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)