ワタラセツリフネソウ

ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

ワタラセツリフネソウ 2006.10.15 渡良瀬遊水地
中央の両側の黒ずんだ部分が小花弁
ツリフネソウ 2006.9.16 東京都奥多摩
中央の両側にイカの足のようにのびた部分が小花弁


秋も深まった10月半ば、ワタラセツリフネソウに出逢いたくて渡良瀬遊水地を訪ねた。初めて訪れる遊水地はあまりにも広大で、情報がなければ、とても花を探す気力が出ないだろう。しかも、もう既に花期は過ぎている。
案の定、容易に見つかるはずの花は見えない。がっかりしながらもサクラタデを撮影していると、先に出逢い話した地元の方が戻ってきて、残っていた花の場所に案内してくれた。こんな情は、初見の花に出逢える以上にうれしい。
その後、レンタサイクルで各所を巡ったが、種になったものは各所でみられたので、盛期であれば探し出すのは困難ではないだろう。

ワタラセツリフネソウは2005年9月に発表された新種で、ツリフネソウに比べ小花弁の先があまり伸び出さず、先端は萎縮しやや黒ずんでいるのが特徴の一つ。種子の違いもある。花冠も少し小ぶりのように思えたが、残り花だったからかもしれない。
新種発表者の一人である大和田真澄氏のHP「渡良瀬遊水地の植物」が詳しい。

2006.10.15 渡良瀬遊水地
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery