ワサビ

アブラナ科 ワサビ属



山地の渓谷などな生える多年草で、高さは20〜40センチ。根生葉は長柄があり、円形で波状の鋸歯がある。
短い総状花序に白色の4弁花を付ける。花期は3〜5月。北海道〜九州に分布する。
根が香辛料に用いられるなど、広く栽培されているが、自生のものはふつう根が大きくならない。



〜徒然想〜

奥多摩や伊豆の山にはいると、思いがけないところでワサビ田に遭遇することがあります。垣根が厳重にされて食害や盗掘を防いでいる様子をみると、栽培者の苦労が忍ばれます。

四国では山の小さな沢の脇に数株が生えていました。背丈は15〜20センチほどだったでしょうか。
野生のワサビが生えるとするとこんな場所かなと想いながらも、ワサビ田で大きく育ったワサビしか知らない私には、それがワサビだと確信できませんでした。
シコクミヤマスミレを撮りながら、ふと目に入った白い花です。

2008.5.8 愛媛県
2008.5.8 愛媛県 2008.5.8 愛媛県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery