ニシキゴロモ  シロバナニシキゴロモ

シソ科 キランソウ属

2007.5.3 新潟県(画像にポインターをおいて下さい) 2007.5.3 新潟県(画像にポインターをおいて下さい)


山地に生える多年草で、高さ5〜15センチ。葉は葉柄があり、3〜4対対生し、長楕円形〜広卵形、表面は脈に沿って紫色になり、ときに裏面は紫色を帯びる。
花は淡紫色で、上部の葉脈に2〜6個唇形花をつけ、下唇は大きく、3裂する。上唇はやや大きく、直立し2裂する。雄しべは4個。花期は4〜5月。
白花をつけるものをシロバナニシキゴロモという。北海道、本州、九州の主として日本海側に分布する。
上唇がごく短いツクバキンモンソウは太平洋側に分布する。


〜徒然想〜

同行のM氏に、”紫色のニシキゴロモ撮りましたか!”と問われて、そんなのあったかとショックを受ける。撮り終わっていた白いニシキゴロモのすぐ脇にあって、またショック。すぐ側にあるのに気づいていない。注意力が足りないです。
前の週に仲間のツクバキンモンソウを撮っているので、なおさら出逢いがうれしかった。

2007.5.3 新潟県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery