ミズタマソウ

アカバナ科 ミズタマソウ属


山地の林下に生える多年草で、高さは20〜50センチ。葉は葉柄があり、長卵形〜卵状楕円形、縁に低鋸歯がある。
花は白色又は淡紅色。花期は8〜9月。
果実は広倒卵形で、白色のかぎ状の刺毛がある。



〜徒然想〜

ひとしきり歩いた雨上がりの裏高尾。軒下の乾いた板の間に腰をおろし一休み。
見渡せば、前夜の雨でオオガンクビソウがすっかりと倒れ込み、ちょっと無惨な姿をさらしている。
足下にも小さな花を付けた見知らぬ花が倒れている。ときどき、水玉がきらっと輝き、ちょっときれい。輝きを撮ろうと何度もシャッターを押しました。
名前を知ったのは1年後。何気なく眺めていた図鑑にミズタマソウの名があった。名前のとおり、“水玉”の出逢いだったのです。


2006.8.27 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
2006.8.27 東京都裏高尾