オオガンクビソウ

キク科  ヤブタバコ属



高尾の山を一巡りして、山の楽しみの昼餉に入る。冷えたビールが心地いい。枝が取り払われ、まっすぐに伸び上がった高い木に沿って空を見上げる。背の沢の流れが涼しい。
どこでもそうだが、こんな時、初見の花が見えてくることが多い。この時もそうでした。沢の脇に、露に濡れた小さな花(名はまだ分からない)と、大きな頭花をもったキク科の花。キク科の花は、夕べ降った雨のせいか、すっかりと茎が倒れてしまっている。花色もくすんだ黄色で、あまり綺麗には見えませんでした。

高さが1メートルほどにもなる多年草で、頭花はこの仲間では最も大きく直径2.5〜3.5センチ、丸く口を開けてるようです。

2006.8.27 東京都高尾
2006.8.27 東京都高尾