メノマンネングサ

ベンケイソウ科 マンネングサ属

海岸から低山地の岩場、石垣などに生える多年草。茎は地表を這い、先で斜上又は直立し15センチほどになり、普通赤みを帯び、よく分枝する。
葉は互生し、円柱状で先は丸い。
花序は3出集散状で、多数の花をやや密に付ける。花は5弁で濃黄色。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

海岸に生えるマンネングサの仲間をみつけて、海岸にもこの仲間が生えることを初めて知りました。
明るい陽射しの下、金色に輝いています。葉は太く、海岸の植物の特徴も持っています。
マンネングサの仲間は同定が難しく、名を調べましたが、この名が適切なようです。間違いであればご指摘をお願いします。既にオノマンネングサとしてアップ済のものもメキシコマンネングサの間違いだったようで、修正しました。
2007.6.2 新潟県佐渡市
2007.6.2 新潟県佐渡市(画像にポインターをおいて下さい)