メナモミ

キク科 メナモミ属

毛深い葉に覆われるように咲く小さな黄色い花が最初の出逢い。林道の隅で、小さくこんもりと咲いていた。大きめの葉の特徴から、メナモミの名を図鑑で見つける。
再び裏高尾の別の場所で出逢うともうすっかり成長し、あたりの主のように群生していた。

山野に生える1年草で、高さは1メートルを超えるほどにもなる。茎の上部には白い開出毛を密生する。葉は長さ8〜19センチの卵形または卵状三角形で、大きい。頭花はくすんだ黄色で、枝先に散房状に集まって咲く。直径2センチほどで、舌状花と筒状花をもつ。
似た花にコメナモミがあり、こちらは全体にほっそりして白い開出毛が目立たない。
2006.9.23 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
2006.10.7 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
2006.9.23 東京都裏高尾