マルバアキグミ

グミ科 グミ属


アキグミの海岸型で、海岸の岩場に生え、高さが1メートルほどにしかならない落葉低木。葉は厚く、卵円形から広楕円形。葉の表面は銀白色の鱗状毛がある。裏面は銀白色の鱗状毛があり白く光沢がある。
花期は4−5月。
果実は11月に赤く熟す。



〜徒然想〜

九十九里を遠くまで望める高台に生えていた。
波が絶好なのか、多くのサーファーが繰り出している。空と海は青く、くだける波がよく映える。
アキグミの葉は、白い砂がこびり付いたような感触で、他の植物にはみられない姿をしている。実をみれば、これまた白い砂をまぶしたような姿です。


2007.10.28 千葉県
2007.10.28 千葉県