アキグミ

グミ科 グミ属



丘陵〜山地帯の日当たりのよい林縁などに生える落葉低木で、高さは2〜3メートル。よく分枝する。葉は互生し、倒卵状長楕円形。葉の表面は灰緑色、裏面は銀白緑色。
花は4〜5月に咲き、花弁はなく、萼筒の長さは5〜7ミリで、先端は4裂する。花ははじめ白色で、のちに淡い橙色。
果実は偽果で、直径6〜8ミリの球形又は楕円状球形で、赤褐色に熟し食べられるが渋みが強い。果期は9〜11月。北海道南西部、本州、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

悪路を20分ほど走ると、終点の駐車スペースは10台ほどの車で、満杯状態でした。見れば、その殆どが地元の車で、山菜採りが目的のようでした。
東京ナンバーの車がどうしてこの道を知っていたと問われましたが、地元の方は親切です。車を寄せてもらって、何とか停めることができました。

登山に入ってもこちらの方は親切です。道すがら、この山の季節による花の状況、周辺の状況などを丁寧に教えてくれます。こうなると、後は郷に従えで、案内にお任せします。
アキグミは、明るい登山道脇でよくみられました。黄色い実が成るアキグミも教えてもらいました。


−同じ科の植物−

2010.6.26 福島県
2010.6.26 福島県 2010.6.26 福島県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery