コツマトリソウ

サクラソウ科 ツマトリソウ属

2007.6.30 尾瀬 2007.7.12 北海道雨竜湿原


主に亜高山帯の湿原に生える多年草で、高さは5〜20センチ。葉は倒卵形で、下の葉ほど小さくなる。ツマトリソウに比べ全体に小型で、葉の先が丸いものをいう。
花は白色で、普通7裂する。花期は6〜7月。北海道、本州中部地方以北に分布する。


〜徒然想〜

ホームページをみた古い友人からメールがあり、尾瀬に誘われた。数えてみれば40年ぶりの再会となる。互いの顔が分かるか不安の中待ち合わせたが、案ずることはありませんでした。懐かしい笑顔ですぐに分かりました。互いに、“変わらないね!”が挨拶でした。
尾瀬のツマトリソウは全てコツマトリソウだという。こちらは永遠に変わらない顔で多くの人を迎える(ことを願う)。
北海道でもコツマトリソウの特徴を有するものに出逢いました。


2007.6.30 尾瀬
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery