コテングクワガタ                       ベロニカ・フィリフォルミス(和名なし)

                                          ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
2008.5.25 北海道 2008.5.25 北海道


コテングクワガタ:
ヨーロッパ原産で北海道〜本州に帰化している。背丈が5〜10センチの多年草。葉は楕円形〜広楕円形で、先は鈍く、基部は鈍形。
花は総状花序に多数の花を付ける。花冠は白色で紫色の筋があり、径3〜5ミリ。

ベロニカ・フィリフォルミス(和名なし):
トルコ、コーカサス原産の多年草で、高さは5センチほど。花は径5ミリほど。


北海道で見た外来のクワガタソウの仲間2種をご紹介します。
コテングクワガタとベロニカ・フィリフォルミス(和名なし)で、いずれも草地に埋もれるように生えていました。
花は小さく、雨で萎んでいますが、クワガタソウの仲間だろうということは分かります。名前が分からず、特に後者は和名がまだ無く、ようやく同行者が、つてを辿って調べてくれました。
以下は紹介文です。

”立ち上がって咲いていたものはやはりコテングクワガタ、もう1つはVeronica filiformis(Slender Speedwell)ではないかとのことでした(和名不明)。今のところ、国内での帰化報告はほとんどないようです。”

このHPで初めて登場する和名のない植物です。


2008.5.25 北海道 2008.5.25 北海道