コモチミミコウモリ

キク科 コウモリソウ属



ミミコウモリの変種で葉柄基部にムカゴが付くのが特徴。北海道大雪、日高、夕張、増毛、樺戸など、山地の林内や林縁に生える多年草で、高さは60〜100センチ。茎は節でイナヅマ形に曲がる。
頭花は総状花序に多数付く。花期は8〜9月。



〜徒然想〜

葉腋にムカゴを持っていたので、すぐにこの花と分かりました。
今回の大雪は高原温泉から入り二泊三日、黒岳を下ります。それぞれの登山口付近で見られました。
時期的には少し早かったようです。開花しているものはありませんでした。

たぶん、花は本州で秋口にみられるカニコオモリの仲間と同じでしょう。花開く姿を想像しながら、特徴のムカゴを撮っておくことにしました。雨降る中にて撮影。



−同じ科の植物−

2009.8.15 北海道大雪
2009.8.17 北海道大雪 2009.8.15 北海道大雪