コイワカガミ

イワウメ科 イワカガミ属

2006.7.7 長野県八ヶ岳


高山帯に咲くこと、葉が2センチほどと小さいこと、背が低いことなどで母種のイワカガミと区別されるが、その仕切がなかなか難しい。
八ヶ岳では樹林帯を抜け尾根に出ると10センチほどのイワカガミが見られるが、時には20センチ近くのも現れる。はて、これがコイワか、ふと迷う。 稜線には背が高いものはほとんど無いのでコイワといっていいだろう。
ある山小屋のHPには、「八ヶ岳にはイワカガミはありません。」とある。

常念岳でも、樹林帯のイワカガミと尾根に出たイワカガミは明らかに違ってみえました。しかし、2つを並べてみなくては、はっきりとは分かりません。中間もあるでしょう。

オオイワカガミは植物園でしか出逢いがないが、こちらは明らか。葉は5センチほどと大きいし、花も沢山つけ、ごつい感じです。 
〜2007年に出逢いがありました。


2006.7.7 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery