コバンソウ

イネ科 コバンソウ属



ヨーロッパ原産で本州中部以南の原野に帰化している1年草で、高さは30〜70センチ。葉は線状披針形。
円錐状にまばらに数個〜20個ほどの小穂が垂れ下がって付く。小穂はふくらんだ卵状楕円形で、小判や米俵に見立て、タワラムギの別名がある。花期は5〜7月。



〜徒然想〜

初めての出逢いは植物園で、面白い穂をもつ植物と思ったのが未だに忘れられません。
その後、奥多摩の登山口や佐渡、鳥取県などでの出逢いがあります。

佐渡では朝食前の花散歩で、田圃の脇に生えていました。小規模ながら田圃は田植えを終え、落ち着いた時を迎えていました。
朝露に濡れた草をよけながら、澄みわたる空気の中、静かな散歩を楽しみました。
緑の中で、マンテマが綺麗でした。

2006.5.21 東京都奥多摩
2008.5.13 鳥取県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery