コアカソ

イラクサ科 カラムシ属



山地の林縁などに生え茎の下部は木質化し、高さは1〜2メートルになる。茎や葉柄は赤みを帯びる。葉は対生し、菱状卵形、先は尾状に伸び、縁は欠刻状の歯牙がある。
雌雄同株で、雌花序は赤色を帯び、茎上部の葉腋に付く。雄花序は黄白色で、雌花序より下の葉腋に付く。花期は8〜10月。本州、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

困ったですね。この植物への想いが何も出てきません。多分山道の通りがかりに、(注意して)みていない植物だったので、何気なくカメラに納めたのでしょう。
あまり美しいとは思えませんでした。

当初はアカソとしていたのですが、コアカソのようです。
アカソは葉の先が3裂する特徴があります。茎の下部が木質化する特徴もあります。
木質化しない仲間にクサコアカソがありますので、この3種はしっかりと区別しなければいけないですね。


-同じ科の植物-
2006.8.18 東京都奥多摩三頭山
   2006.8.18 東京都奥多摩三頭山  
 2014.9.20 静岡県    2014.9.20 静岡県