キリンソウ

ベンケイソウ科 マンネングサ属

 
 2006.9.9 山梨県(画像にポインターをおいて下さい)

山地の草原や林縁、海岸の岩場に生える多年草で、高さは20〜50センチ。葉は互生、広倒卵形〜広倒披針形で、上半分に鋸歯がある(ホソバノキリンソウは基部まで鋸歯がある)。茎頂に集散花序を出し、黄色の5弁花を多数つける。花期は5〜8月。北海道〜九州に分布する。
黄色い花が輪になって咲くのでこの名があるといわれる。


〜徒然想〜

アキノキリンソウはキク科なのに対し、キリンソウはベンケイソウ科。紛らわしい名の付け方をする。ただ、キリンソウは花の付き方がキク科とは全く異なる。少し慣れるとキク科でないことは分かるようになるでしょう。
こんなことを書きながら、キリンソウの写真フォルダをみたら、その全てがホソバノキリンソウでした。キリンソウは、まだ整理されていない北岳のフォルダに置いたままでした。この2つの花の区別も紛らわしい。

−同じ科の植物−
 2006.9.9 山梨県    2010.7.7 新潟県
     
 2012.7.21 北海道    2012.7.21 北海道
  
   2010.7.7 新潟県