キッコウハグマ

キク科 モミジハグマ属


この花との出逢いを待っていた。
テイショウソウに感激し、もう一度出逢いたくて一週間後に同じ場所を訪れたが、やはりほぼ終わっていた。覚悟していたことだが、残念な気持ちは変わらない。
と、うな垂れて帰路を辿ると、小さな白い花が一つみえた。高さは10センチにも満たない。待ち望んでいたキッコウハグマがこんなに小さいものだとは思ってみなかった。周りをみると、点々とこの花がみえ、先への撮影をわくわくしながら、撮影を始めた。
前の週には全くみえなかったのに、同じ仲間のテイショウソウに代わる出逢いをもたらしてくれた幸運に感謝した。

山地のやや乾いた木陰に生える多年草で、高さ10〜30センチ。キッコウハグマの頭花もテイショウソウと同じく3個の小花からなる。花冠は白色。閉鎖花を結ぶ個体に出逢うことの方が多い。葉は茎の下部につき心形、長柄がある。

2006.10.30 静岡県三島市(画像にポインターをおいて下さい)
2006.11.6 茨城県日立市(画像にポインターをおいて下さい)
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery