ケナガボノシロワレモコウ

バラ科 ワレモコウ属



コバナノワレモコウの1品種。関東地方に分布する多年草で、高さは80〜130センチ。根出葉は奇数羽状複葉で11〜15個の小葉からなる。
花は枝先に穂状に垂れ下がって付き、花は白色で緑色を帯びる。花期は8〜10月。群馬県に分布する。



〜徒然想〜

今は9月の半ば、数年前の春に訪れた湿地は、すっかり葦に覆われていました。負けじと、葦の間からヒメシロネツルマメなどが顔をのばしています。
木道は隠れ、藪こぎ状態で進みます。この辺にあるはずと、探し出したケナガボノシロワレモコウはまだ蕾で、ちょっと残念。

ルートを一回りして、念のためと、入り口付近を再度散策します。
何ということはありません。開けた入り口付近で、捜し物は沢山ありました。開花しているものも数株見られました。目立たない、やや緑色を帯びた白い花です。


−同じ科の植物−
 
2009.9.13 群馬県(画像にポインターをおいて下さい)
 2009.9.13 群馬県    2009.9.13 群馬県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery