カラフトイチヤクソウ

イチヤクソウ科 イチヤクソウ属



亜高山の草地などに生える多年草で、高さは10〜20センチ。葉は円形又は広楕円形で、狭い翼のある柄がある。
花は茎頂に数多く付き、白色で、椀状。花期は7〜8月。北海道〜本州北部に分布する。



〜徒然想〜

“カラフトイチヤクソウでしょうかね?”、
“いや、コバノイチヤクソウでしょう!” 
前日にそんな会話があったことを思い出します。

そのときはコバノイチヤクソウだったのですが、今は目の前に間違いなくカラフトイチヤクソウが見られます。
花が椀状に丸く、葯が真っ直ぐです。葉は下草に隠れて見えないので、退けてやるとコバノイチヤクソウに似た葉が現れます。
数は多く、他の花が咲き乱れる花畑の一角で、堂々とその座を占めています。

想い返すと、今回の花旅で、数ある大雪の花畑でもカラフトイチヤクソウが見られたのはあの花畑だけでした。幸運だったかもしれません。


−同じ科の植物−

2009.8.16 北海道大雪
2009.8.16 北海道大雪
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery