カラフトダイコンソウ

バラ科 ダイコンソウ属



2004.6.29 長野県栂池自然園

低地〜山地の林縁などに生る多年草で、高さは30〜80センチ。全体に黄褐色の粗い毛がある。根生葉は奇数羽状複葉で、頂小葉は丸い。茎葉は単葉で、3浅〜中裂し、縁には粗い鋸歯がある。
枝先に直径2センチほどの黄色の花を数個つける。花弁、蕚片はそれぞれ5個。集合果は球形で、残存花柱に腺毛がある。花期は5〜6月。北海道、本州中部地方以北に分布する。


〜徒然想〜

栂池自然園の入り口付近に咲いていました。ダイコンソウの仲間と思うが、今までみたものと少し違うようです。
図鑑でカラフトダイコンソウの名に当たり、これに納得しました。
背の高さ60〜90センチ、茎に剛毛が生え、茎葉が大きい。花の直径が1.5センチほどでした。

北海道では北方原生花園で撮影したと記憶していますが、各地での観察報告があります。
2013年も北海道の花めぐりの予定があり、この花には出逢えそうです。

−同じ科の植物−
   2004.6.29 長野県栂池自然園  
 2012.7.28 北海道    2012.7.24 北海道