ガマ

ガマ科 ガマ属

    2009.9.13 栃木県


北海道〜九州ほか世界中に広く分布する多年草で、池や沼などの水辺に生え、高さは2メートルほどになる。
初夏に花茎をのばし、上部に雄花群を、それに接して雌花群を付ける。花びらはなく、雄花からは大量の花粉が形成され、飛散する風媒花である。


〜徒然想〜

ガマは湿原や沼などでよく見られ、因幡の白ウサギの逸話に出てくる植物です。
特徴的な茶褐色の穂を付け、穂は二段に分かれています。上部の細い三角柱の部分が雄花の集まりで、その下の円柱部分が雌花の集まりです。雄花の葯は黄色で、花粉は生薬として外用の傷薬などの効果があります。
毛をむしり取られた白ウサギが、ガマの穂で傷を癒すのも、昔人が同様に用いていたからかもしれません。

ガマの仲間には、日本ではガマのほかコガマ、ヒメガマが知られています。ヒメガマは特徴がありますので他との区別は容易ですが、ガマとコガマはよく似ています。穂の長さ、葉の幅、花粉などの違いで区別できます。
画像のものは葉幅があり、穂が10センチ余りありましたのでガマとしました。

−同じ科の植物−
2009.9.13 栃木県 2009.9.13 栃木県