ホコガタアカザ

アカザ科 ハマアカザ属



海沿いに多いヨーロッパ原産の帰化植物で、1年草。茎の高さは20〜80センチ。葉は下部では対生し、上部では互生する。下部の葉は正三角形に近い矛形で、上部では細長くなる。秋には紅葉する。
花は小さく、花弁もないので目立たない。花期は9〜11月。日本全土に分布する。



〜徒然想〜

関東周辺は、秋が深まるにつれ、見られる花が少なくなってきました。
誘われて、マツナを探しに行くことにしました。海浜に生える植物で、釣りに夢中な頃は気にも留めなかったことです。運良くマツナを見つけることができ、ほっと一息〜ふと遠い水平線を眺めると、なぜか心が落ち着いてきます。
昔、釣りに飽き、何も考えずに水平線を眺めた記憶が重なってきます。

ホコガタアカザは赤く染まり、ここでも秋の深まりを感じることになりました。


−同じ科の植物−

2009.10.25 千葉県(画像にポインターをおいて下さい)
2009.10.25 千葉県