ヒトツバテンナンショウ

サトイモ科 テンナンショウ属
2006.6.17 栃木県庚申山


山に入るたびにといっていいほど、この仲間の植物との出逢いは多い。ウラシマソウ、マムシグサ、・・・
朝のまだ薄暗い登山道脇にゆらりと現れると、一瞬身を引き、足早に過ぎ去る時期もあった。いまでは、・・・じっくり観察する気持ちがわいている。
こんな変化が初見のテンナンショウとの出逢いをもたらしてくれた。
この日はコウシンソウに出逢い、花好きの温かい人たちとのふれ合いがあった。

山地のやや暗い林内に生える多年草で、高さ50センチほど。偽茎は葉柄や花柄より長い。葉は1個、まれに2個で、5〜9枚の小葉をつける。出逢った株の小葉は長さ25センチほどにもなっていました。葉の幅は広い。
仏炎苞は黄緑色で、舷部の先は鋭く尖り、ふつう内面の中央近くに八の字型の濃紫色の斑がある。
付属帯は細い棒状で、ふつう上部が斜め前に曲がる。

2006.6.17 栃木県庚申山
 
2006.6.17 栃木県庚申山